梅野記念絵画館・ふれあい館
東御市梅野記念絵画館・ふれあい館
〒389-0406 長野県東御市八重原935-1芸術むら公園
TEL:0268-61-6161 FAX:0268-61-6162

ホーム >> イベント・展覧会 >> 第15回私の愛する一点展

第15回私の愛する一点展

  • 娘観音 1990年 棚橋文子
  • 自画像 1970年 梅野亮
  • 古い兵士の靴 2011年 中村民夫
  • いを 1964年頃 櫻井陽司

This content comes from a hidden element on this page.

The inline option preserves bound JavaScript events and changes, and it puts the content back where it came from when it is closed.

Click me, it will be preserved!

If you try to open a new ColorBox while it is already open, it will update itself with the new content.

Updating Content Example:
Click here to load new content

展覧会概要

第15回私の愛する一点展
主催者 長野県東御市、東御市梅野記念絵画館
会期 7月4日(土)〜8月30日(日)
会場 東御市梅野記念絵画館(小展示室を除く全館)
〒389-0406 東御市八重原935-1
TEL 0268-61-6161
FAX 0268-61-6162
料金 800円(高校生以上)
団体割引700円(15名以上)
障害者割引、学校利用減免、減額制度もあります。
開館 午前9時〜午後5時
※午後4時30分までにご入館ください。
休館 毎週月曜
7月6,13,21,27日 / 8月3,10,17,24日
担当学芸員 佐藤雅子

展覧会パンフレットダウンロード

図録通信販売

第15回展を迎えて
東御市梅野記念絵画館 館長 佐藤 修


これってナーニ?……絵画館ホールの図書見本の棚に置いてある「一点展」の図録を手にとって、お客さんが不思議そうな顔をしています。ここぞとばかりに近寄って「エー、当館には400名を越える会員の友の会がありまして……」とお決まりの解説を語りはじめ、 これは梅野前館長が唱えた美術啓蒙運動なんですよ、というところで話を締めます。

ホ、ホーとうなずく方の幾人かはそこで会員の申し込みをなさいます。「一点展」そのもの、あるいはその図録が、友の会の入会を勧める有力な材料になっていることは間違いありません。

その効あってか今回は新出品者が目立ちます。15回固ともなれば、メンバーが固定され、作品・作家も偏りがちになっていくのが通例のこと。新規出品者の登場は友の会が活性化していることをものがたつており、常連の方々にとっても大いに刺激となるはずです。

梅野さんは最晩年に「めぐりあった美展」と称して自身の絵との避遁謂の数々を披涯しました。 好きな絵を語ることはそれを求めた自身の美の感性を語ることです。この一点展は梅野さんにならって、友の会会員の皆さんの各人の、絵との出会いを語る「それぞれのめぐりあった美展」なのです。