梅野記念絵画館・ふれあい館
東御市梅野記念絵画館・ふれあい館
〒389-0406 長野県東御市八重原935-1芸術むら公園
TEL:0268-61-6161 FAX:0268-61-6162

ホーム >> イベント・展覧会 >> とうみ現代彫刻三人展(TOMOS三彫展2015)

とうみ現代彫刻三人展(TOMOS三彫展2015)

  • 森の気 海の気 小林一夫
  • 時と方位 坂井達省
  • 牛と羊 坂井達省
  • 俺は此処に在る 鹿之助・萬蔵

This content comes from a hidden element on this page.

The inline option preserves bound JavaScript events and changes, and it puts the content back where it came from when it is closed.

Click me, it will be preserved!

If you try to open a new ColorBox while it is already open, it will update itself with the new content.

Updating Content Example:
Click here to load new content

展覧会概要

とうみ現代彫刻三人展(TOMOS三彫展2015)
主催者 長野県東御市、東御市梅野記念絵画館
会期 2015年 9月5日(土) 〜 10月25日(日)
会場 東御市梅野記念絵画館(大展示室)
〒389-0406 東御市八重原935-1
TEL 0268-61-6161
FAX 0268-61-6162
料金 800円(高校生以上)
団体割引700円(15名以上)
障害者割引、学校利用減免、減額制度もあります。
開館 午前9時〜午後5時
※午後4時30分までにご入館ください。
休館 毎週月曜、
9月7,14,24,28日 / 10月5,13,19日
担当学芸員 佐藤雅子

関連イベント

とうみ現代彫刻三人展 開催中の特別プログラム

梅野記念絵画館から東御市中央公園での石彫刻鑑賞及び催し物を用意した特別プログラムです。

プログラム開催日(3日間限定)には" 祢津、小諸"ワイン地ビール、チーズ、お抹茶+和菓子、手打ち蕎麦(土産用数量限定)を10:00より閉館迄ご提供致します。

大勢のご参加お待ちしております。

9月5日(土) 石彫群鑑賞ツアーと邦楽演奏会
10:00 梅野記念絵画館発東御市中央公園広場石彫群鑑賞ツアー
27作品に及ぶ巨大石彫群鑑賞(無料大型シャトルバス運行)
作家同行。しなの鉄道田中駅でも乗車可能。
13:00 三彫展作家によるギャラリー・トーク 約1時間。
14:00 邦楽演奏によるオープニング・パーティー 
横山雅笙社中(箏・十七弦)、両角昌幸(尺八)、沖本雅洸(箏)。
曲目『桜ゆらら』、箏独奏曲『花織り』『春の海幻想』他。
−松本市より−演奏時間約1 時間(無料)
15:30 梅野記念絵画館より田中駅に向けシャトルバス運行。
9月27日(日) 石彫群鑑賞ツアーとクラシックコンサート
10:00 梅野記念絵画館発東御市中央公園広場石彫群鑑賞ツアー
27作品に及ぶ巨大石彫群鑑賞(無料大型シャトルバス運行)
作家同行。しなの鉄道田中駅でも乗車可能。
13:00 信州音大生倶楽部によるクラッシックコンサート
齋藤澪緒(Vn)、日下部緑(Vn)、西村梨沙(Vl a)、
山崎太陽(Vc)、海野妙(Fl)、石川大樹(Perc)、梨本卓幹(Pf)
曲目 サン=サーンス:謝肉祭、
   ドヴォルザーク:テルツェット、
   モンティー:チャルダッシュ他。
演奏時間約1 時間(無料)
14:30 三彫展作家によるギャラリー・トーク 約1時間。
15:30 梅野記念絵画館より田中駅に向けシャトルバス運行。
10月18日(日) 石彫群鑑賞ツアーと彫刻シンポジウム
10:00 梅野記念絵画館発東御市中央公園広場石彫群鑑賞ツアー
27作品に及ぶ巨大石彫群鑑賞(無料大型シャトルバス運行)
作家同行。しなの鉄道田中駅でも乗車可能。
13:00 石彫三作家、小海町高原美術館中嶋学芸員、中村徹氏(司会)
を加えてのシンポジウム約2時間その後ミニパーティー。
16:30 梅野記念絵画館より田中駅に向けシャトルバス運行。

展覧会パンフレットダウンロード

図録通信販売

『三彫展』開催によせて
東御市梅野記念絵画館 館長 佐藤 修


絵画にせよ造形にせよ、創作物がその存在を見る側に訴えてくるか否かは、 そのモノに作り手の「気」が込められているかどうかによると思います。 それは「祈り」でも「恋慕」でも「憤怒」でも「怨念」でもいい、そんな、日常の言葉の表現ではすまされない熱い情念が、あるいは冷徹な認識、強固な意思が、 塗り込められ彫り込まれてこそ、見る物の足を停めさせ、魅入らせ、おののかせるのだと思います。

その" 狂おしいもの"を私はよく「マグマ」と呼びます。

4 年近く前、今回の牽引役である彫刻家鹿之助・萬蔵氏との出会いがありました。 梅野記念絵画館について、彫刻について激しい口調で語る様は、生前の梅野隆氏の姿と重なって見えました。 曰く「東信で活動している彫刻家を集めて絵画館で彫刻展をやりましょう!自分が集めてみせる!」と。

この春、小林一夫氏、坂井達省氏という同士を得て、マグマはより大きな溶塊となりました。 メンバーは揃いました。3 人の「意思に憑かれた男たち」の企てが具体化されます。 大きな成果をあげられますよう、多くの皆様のご理解とご協力を心よりお願い申し上げます。