梅野記念絵画館・ふれあい館
東御市梅野記念絵画館・ふれあい館
〒389-0406 長野県東御市八重原935-1芸術むら公園
TEL:0268-61-6161 FAX:0268-61-6162

ホーム >> イベント・展覧会 >> 梅野コレクション彫刻秀品展

梅野コレクション彫刻秀品展

  • 燈火抱擁 陽咸二
  • 浮世風俗美人 新海竹太郎
  • 母子像 保田龍門
  • 婦人座像 川上邦世
  • 聖孔子像 橋本平八
  • 不動明王 毛利教武

This content comes from a hidden element on this page.

The inline option preserves bound JavaScript events and changes, and it puts the content back where it came from when it is closed.

Click me, it will be preserved!

If you try to open a new ColorBox while it is already open, it will update itself with the new content.

Updating Content Example:
Click here to load new content

展覧会概要

梅野コレクション彫刻秀品展
主催者 長野県東御市、東御市梅野記念絵画館
会期 2015年 9月5日(土) 〜 10月25日(日)
会場 東御市梅野記念絵画館
〒389-0406 東御市八重原935-1
TEL 0268-61-6161
FAX 0268-61-6162
料金 800円(高校生以上)
団体割引700円(15名以上)
障害者割引、学校利用減免、減額制度もあります。
開館 午前9時〜午後5時
※午後4時30分までにご入館ください。
休館 毎週月曜、
9月7,14,24,28日 / 10月5,13,19日
担当学芸員 佐藤雅子

関連イベント

とうみ現代彫刻三人展 開催中の特別プログラム

梅野記念絵画館から東御市中央公園での石彫刻鑑賞及び催し物を用意した特別プログラムです。

プログラム開催日(3日間限定)には" 祢津、小諸"ワイン地ビール、チーズ、お抹茶+和菓子、手打ち蕎麦(土産用数量限定)を10:00より閉館迄ご提供致します。

大勢のご参加お待ちしております。

9月5日(土) 石彫群鑑賞ツアーと邦楽演奏会
10:00 梅野記念絵画館発東御市中央公園広場石彫群鑑賞ツアー
27作品に及ぶ巨大石彫群鑑賞(無料大型シャトルバス運行)
作家同行。しなの鉄道田中駅でも乗車可能。
13:00 三彫展作家によるギャラリー・トーク 約1時間。
14:00 邦楽演奏によるオープニング・パーティー 
横山雅笙社中(箏・十七弦)、両角昌幸(尺八)、沖本雅洸(箏)。
曲目『桜ゆらら』、箏独奏曲『花織り』『春の海幻想』他。
−松本市より−演奏時間約1 時間(無料)
15:30 梅野記念絵画館より田中駅に向けシャトルバス運行。
9月27日(日) 石彫群鑑賞ツアーとクラシックコンサート
10:00 梅野記念絵画館発東御市中央公園広場石彫群鑑賞ツアー
27作品に及ぶ巨大石彫群鑑賞(無料大型シャトルバス運行)
作家同行。しなの鉄道田中駅でも乗車可能。
13:00 信州音大生倶楽部によるクラッシックコンサート
齋藤澪緒(Vn)、日下部緑(Vn)、西村梨沙(Vl a)、
山崎太陽(Vc)、海野妙(Fl)、石川大樹(Perc)、梨本卓幹(Pf)
曲目 サン=サーンス:謝肉祭、
   ドヴォルザーク:テルツェット、
   モンティー:チャルダッシュ他。
演奏時間約1 時間(無料)
14:30 三彫展作家によるギャラリー・トーク 約1時間。
15:30 梅野記念絵画館より田中駅に向けシャトルバス運行。
10月18日(日) 石彫群鑑賞ツアーと彫刻シンポジウム
10:00 梅野記念絵画館発東御市中央公園広場石彫群鑑賞ツアー
27作品に及ぶ巨大石彫群鑑賞(無料大型シャトルバス運行)
作家同行。しなの鉄道田中駅でも乗車可能。
13:00 石彫三作家、小海町高原美術館中嶋学芸員、中村徹氏(司会)
を加えてのシンポジウム約2時間その後ミニパーティー。
16:30 梅野記念絵画館より田中駅に向けシャトルバス運行。

展覧会パンフレットダウンロード

梅野コレクションにより日本近代彫刻史をたどる
東御市梅野記念絵画館 副館長 佐藤 雅子


梅野隆前館長の眼で集められた彫刻を展示することで日本の近代彫刻史をたどってみようという試みです。 梅野前館長は、生前、「自分の蒐集は、彫刻史などを考えて蒐めたものではない、その都度出合った自分の目にかなった作品に惚れて蒐めたのだ。 よけいなことはするな」と言われました。亡くなる前の年、2011年の常設展の時でした。

意図した訳ではない、と言いならも、その蒐集品をみると、明治から大正・昭和のその時代時代の重要な作家の作品が揃っています。

明治32年東京美術学校塑像科を卒業した者たちにより官展彫刻の流れができます。その中には朝倉文夫、池田勇八、新海竹太郎等がいます。 明治末から大正にかけてロダンが日本に紹介され、わが国の彫刻家に大きな影響を与えました。 個性と内面の表現を求めた作家たち…萩原守衛とともに忘れてはいけない作家戸張孤雁、大正から昭和初期にかけては、都市の近代化の中で建築と彫刻の融合を考えた構造社の陽咸二、野村公雄等を展示します。

同時開催として「とうみ現代彫刻三人展」を開催致します。「ふるきをたずねて新しきを知る(温故知新)」

梅野コレクションをたどりながら、現代彫刻の今をご高覧下さい。