梅野記念絵画館・ふれあい館
東御市梅野記念絵画館・ふれあい館
〒389-0406 長野県東御市八重原935-1芸術むら公園
TEL:0268-61-6161 FAX:0268-61-6162

ホーム >> イベント・展覧会 >> 山内龍雄展

山内龍雄展

  • 一輪車を持てる人
  • 作品2
  • 私的空間
  • 私的精神的空間
  • 宵

This content comes from a hidden element on this page.

The inline option preserves bound JavaScript events and changes, and it puts the content back where it came from when it is closed.

Click me, it will be preserved!

If you try to open a new ColorBox while it is already open, it will update itself with the new content.

Updating Content Example:
Click here to load new content

展覧会概要

山内龍雄展
主催者 長野県東御市、東御市梅野記念絵画館
会期 2015年 10月31日(土) 〜 2016年 1月17日(日)
会場 東御市梅野記念絵画館(大展示室)
〒389-0406 東御市八重原935-1
TEL 0268-61-6161
FAX 0268-61-6162
料金 800円(高校生以上)
15名様以上団体700円
障害者割引、学校利用減免、減額制度もあります。
開館 午前9時〜午後5時
※午後4時30分までにご入館ください。
休館 毎週月曜、冬季休館12月24日〜1月4日
11月2,4,9,16,24,30日 / 12月7,14,21,24日
2016年1月12日
担当学芸員 佐藤雅子

お知らせ

シャトルバス運行(田中駅〜梅野記念絵画館)

田中駅〜当館の区間で送迎を行います。

予約が必要ですので、お電話にてご予約をお願いします。

※ 2015年 11月15日(日)、12月13日(日)
※ 行き:田中駅11:00発 / 帰り:梅野記念絵画館16:00発

※ 要予約 / 申込:0268-61-6161

関連イベント

山内龍雄展 オープニングギャラリートーク

2015年 11月1日(日) 13:30 〜
ギャラリータイム舎主:須藤一實氏講演

※ 要予約 / 申込:0268-61-6161

展覧会パンフレットダウンロード

相棒
東御市梅野記念絵画館 館長 佐藤 修


唐突ですが、青木繁は弱冠28歳8ヶ月にして亡くなりました。

明治44年のことです。青木には梅野満雄という無二の親友がおりました。梅野は、青木の生前の世話のみならず、その死後においても、青木の作品の散逸を防ぐための努力を惜しみませんでした。その献身的行為は梅野自身の命が尽きるまで続きました。

今日振り返るに、梅野のそうした働きがあってこそ青木の作品は守られ、語り継がれ、青木繁の評価は確かなものになってきたのだと思います。

孤高の画家・山内龍雄は、ゆるぎない哲学を持ち、透徹な眼で自身を見据え、自らが願った「無心の境地」に到ること間近でありました。しかし、2013年12月、突然その命は終わりを告げました。63歳でした。

山内の傍らには常にひとりの良き理解者がいました。須藤一實です。出会いから亡くなるまでの30年間、画家と画商の「二人三脚」を続けられた方です。山内龍雄という無二の「相棒」を失った今、須藤氏は、山内龍雄を“残す”事業を始めようとしています。

二人の「二人三脚」は再びスタートしたのです。