梅野記念絵画館・ふれあい館
東御市梅野記念絵画館・ふれあい館
〒389-0406 長野県東御市八重原935-1芸術むら公園
TEL:0268-61-6161 FAX:0268-61-6162

ホーム >> イベント・展覧会 >> 平澤喜之助展

平澤喜之助展
旅立ち
  • えかき
  • 裸婦
  • 不浄門
  • けいこ場
  • 白神岬

This content comes from a hidden element on this page.

The inline option preserves bound JavaScript events and changes, and it puts the content back where it came from when it is closed.

Click me, it will be preserved!

If you try to open a new ColorBox while it is already open, it will update itself with the new content.

Updating Content Example:
Click here to load new content

展覧会概要

平澤喜之助展
主催者 長野県東御市、東御市梅野記念絵画館
会期 2016年 10月30日(日) 〜 2017年 1月15日(日)
会場 東御市梅野記念絵画館
〒389-0406 東御市八重原935-1
TEL 0268-61-6161
FAX 0268-61-6162
料金 800円(高校生以上)
15名様以上団体700円
障がい者割引、学校利用減免、
減額制度もあります。
開館 午前9時〜午後5時
※午後4時30分までにご入館ください。
休館 毎週月曜日(祝日の場合その翌日)
2016年11月7,14,21,28日 / 12月5,12,19日
2017年1月10日 / 冬期休暇 12月25日〜1月4日
担当学芸員 佐藤雅子

関連イベント

平澤喜之助を語る

2016年 11月3日(木・祝日) 13時30分 〜

折笠勝之氏、宮本幸典氏、小林義美氏による鼎談。

※ 要予約 / 申込:0268-61-6161

語りを楽しむ(マルーシカの会)

2016年 11月27日(日) 13時30分 〜

※ 要予約 / 申込:0268-61-6161

展覧会パンフレットダウンロード

図録通信販売

色彩の情熱、生命への讃歌
東御市梅野記念絵画館 館長 佐藤 修


平澤喜之助は、1919年(大正8年)長野県上伊那郡宮田村の生まれ。帝国美術学校洋画部に学び、中川紀元に師事。大調和会の運営委員。朝井閑右衛門の知遇を得る。1994年(平成6年)歿。享年75歳。−手元の美術年鑑等を紐解くと平澤喜之助の項にはその程度の記述しかありません。前後に記載されている作家のそれに比べいかにも少ないのに驚かされます。この画家をそんな扱いで済ませて果たしてよいのでしょうか。
その平澤喜之助に惚れ込み、作品の蒐集と研究にあけくれている人がいます。諏訪市在住の宮本幸典さんです。当館恒例の「私の愛する一点展」を通して、宮本さんの平澤コレクションと研究ぶりに触れたのが、本展覧会が開催されるきっかけでした。
「才がありながら埋もれている作家を掘り起こし、その再評価を求める」−これが稀代のコレクター梅野隆の活動テーマでした。その意志を引き継ぎ、幾人もの画家を顕彰展示してきましたが、画家がその名を遺すには、絵そのものの力だけでは足りない。作品を集めた人、調べた人、大事に持ち続けた人、世に紹介した人、そういう人たちの思いがみな集まって初めて美術館の展覧会が可能になるのだ、ということをそのたびごとに思い知らされるのです。
その存在感は「四囲を圧倒する」とは梅野さんの平澤評。本展覧会によって画家の真髄が認められその評価が高まることを願っています。