梅野記念絵画館・ふれあい館
東御市梅野記念絵画館・ふれあい館
〒389-0406 長野県東御市八重原935-1芸術むら公園
TEL:0268-61-6161 FAX:0268-61-6162

ホーム >> イベント・展覧会 >> 金澤翔子展

金澤翔子展

This content comes from a hidden element on this page.

The inline option preserves bound JavaScript events and changes, and it puts the content back where it came from when it is closed.

Click me, it will be preserved!

If you try to open a new ColorBox while it is already open, it will update itself with the new content.

Updating Content Example:
Click here to load new content

展覧会概要

金澤翔子展
主催者 東御市、東御市教育委員会
東御市梅野記念絵画館
会期 2016年 6月5日(日) 〜 6月26日(日)
会場 東御市梅野記念絵画館
〒389-0406 東御市八重原935-1
TEL 0268-61-6161
FAX 0268-61-6162
料金 800円(高校生以上)
15名様以上団体700円
障がい者割引、学校利用減免、
減額制度もあります。
開館 午前9時〜午後5時
※午後4時30分までにご入館ください。
休館 毎週月曜日(祝日の場合その翌日)
担当学芸員 佐藤雅子
後援 信濃毎日新聞社
東信ジャーナル社
信州民報社
NHK長野放送局
NBS長野放送
TSBテレビ信州
SBC信越放送
abn長野朝日放送

関連イベント

揮毫 / 講演会

2016年 6月5日(日)
13時30分 金澤翔子さんによる揮毫(於:絵画館大展示室)
14時30分 金澤泰子さん「講演会」(於:絵画館ホール)

※ 要予約 / 申込:0268-61-6161

展覧会パンフレットダウンロード

金澤翔子さんの類まれな感性から生まれ出る芸術世界を、「別冊太陽 金澤翔子の世界」(2014年11月刊)では、“魂の書”と称し、キーワードとして八つの語を挙げています。――「祈り」「純粋」「試練」「慈悲」「躍動」「無限」「奉納」「平和」と。
その書の前に対座すると、墨に込められた彼女の「念」が伝わってきます。一字一字が言霊(ことだま)を持ち、重くうごめいて、見るものを祈りの世界に引き込んでいきます。まさに“魂の書”です。
翔子さんの障がいを抱えた小柄な体のいったいどこから、このたぎるような「念」が湧き出てくるのでしょうか。

お母様の金澤泰子さんはこう語ります。

翔子は言葉の力を信じている。祈りの言葉によって、自分の痛みも苦しみも取れて良くなると言う。翔子の「祈り」には実体のエネルギーが宿り、その字には、言霊が降りている。
(「金澤翔子の世界」2014年刊「別冊太陽」より)

翔子さんの書との出会い、それは見るものの心の中に、何かしら温かいもの、力強いものが生まれるときでもあります。どうぞ翔子さんに、翔子さんの書に逢いにお越しください。

東御市梅野記念絵画館 館長 佐藤 修