梅野記念絵画館・ふれあい館
東御市梅野記念絵画館・ふれあい館
〒389-0406 長野県東御市八重原935-1芸術むら公園
TEL:0268-61-6161 FAX:0268-61-6162

ホーム >> イベント・展覧会 >> 中村忠二展

中村忠二展
カラス
  • SIO
  • スズメ
  • めし
  • モグラ
  • 日蝕

This content comes from a hidden element on this page.

The inline option preserves bound JavaScript events and changes, and it puts the content back where it came from when it is closed.

Click me, it will be preserved!

If you try to open a new ColorBox while it is already open, it will update itself with the new content.

Updating Content Example:
Click here to load new content

展覧会概要

中村忠二展
主催者 長野県東御市、東御市梅野記念絵画館
会期 2016年 4月10日(日) 〜 5月29日(日)
会場 東御市梅野記念絵画館
〒389-0406 東御市八重原935-1
TEL 0268-61-6161
FAX 0268-61-6162
料金 800円(高校生以上)
15名様以上団体700円
障がい者割引、学校利用減免、
減額制度もあります。
開館 午前9時〜午後5時
※午後4時30分までにご入館ください。
休館 毎週月曜日(祝日の場合その翌日)
担当学芸員 佐藤雅子

お知らせ

村上 肥出夫展・中村 忠二展 バスツアー

詳しくはお問い合わせください。

※ 2016年 4月10日(日)
※ 池袋→梅野記念絵画館

※ お問い合わせ:0268-61-6161

展覧会パンフレットダウンロード

中村忠二 生きものの漫画
東御市梅野記念絵画館 館長 佐藤 修


埼玉県に出向いたとき、鳩山町にいらっしゃる東平哲也(とうべい・てつや)さんを訪ねた。東平さんは画家で、中村忠二の継承者であり、研究者としても知られている。
28年度に予定している「中村忠二展」についてお話を伺うための訪問であった。因みに、中村忠二は前館長梅野隆の蒐集した作家であり、よって忠二は当館の中心的収蔵作家である。
そこで東平さんに見せられたのが中村忠二の「生きものの漫画」第二集である。1962年制作とある。ボール紙で作った粗末な赤い表紙が付けられている。
忠二の年譜などを見るとこの年に「生きものの漫画」は第三集まで編まれたとされる。一集と三集の在り処は現時点では分からない。忠二はこのころ“一枚版画モノタイプ"に本格的に取り組み始めた時期である。画に短詩のような言葉を添えるようになった。それによって、味わいが出た。作者自ら「漫画」と称したのも頷ける。なるほど忠二には「漫画」が似合わしい。四コマ漫画のそれでなく、北澤楽天や清水崑、近藤日出造の世界だ。
「生きものの漫画」、中村忠二64歳の作である。忠二の絵にはこのあたりから身の回りの小動物たちが頻繁に登場する。だんだん「虫たちと共に」生きる生活に移っていくのである。